進化するがん保険を比較検討しましょう

ガンの発見と治療が変わりつつあります

ガンという病気は、生死に関わる重い病気とか、発見された時点で余命半年以内になっていて治る見込みが無いなど、ちょっと怖いイメージがありますよね。ですが最近のガンは「発症しても多くは治せる病気」になってきました。

がんが再発しても治せる時代になりました

例えば
75歳男性がある年の9月に腎臓と膀胱をつなぐ管に小さなガンが見つかり、念のために全身検査をしたところ他の転移は認められなかった。
各種数値も良い方だったので、すぐに簡単な手術と一週間の入院で完治。

以後1年毎に定期検診をすることになり、四回目の定期検診をしたところ、膀胱内に小さな腫瘍を発見。
悪性腫瘍だったが発見が早期のため開腹手術をせず、内科で尿道から「レーザー焼却器と内視鏡をセットにした直径1センチの管」を挿入し、腫瘍を焼却。
6日の入院予定だったが回復が早いので4日で退院。

こんな感じで、癌が再発しても検診の受け方次第では早期にガンが発見でき、外科による開腹手術ではなく内科での小規模な手術で体の負担を軽くしながら治療ができるようになりました。

がんの治療が変化しています

以前は
・生死に関わる重い病気
・長期入院が必要
・腫瘍マーカーの数値が怖い
・手術は大がかり
・一生に一度の重い病気
・発見したら死ぬ可能性が極端に大きい
というような「重厚長大」な病気だったガンが
今では
・結構簡単に治せる
・以前は外科で開腹する必要があった手術も、内科の内視鏡手術で対応出来る範囲が広がった
・そんなに命に関わるわけでは無い
・簡単な手術が多用できるようになり、入院期間が短くて済む
こんな感じの「軽薄短小」に変化してきているのです。

ついでに書くと、がん保険とか医療保険など生命保険会社や損害保険会社の本商品に加入していれば、実質的に金銭の負担を軽減しながら治せる病気になったのです。

がん保険も変わってきています

がん対する検査技術と治療技術の進化によって、早期発見がしやすくなり、体の負担が軽い治療方法が用いられることで、以前のように死の恐怖が先行するような病気ではなくなりつつあります。

自ずとがん保険もこれら新しい技術にも対応して変化しています。

時代に合ったがん保険

もちろん最近のがん保険は軽度から中度の癌にも十分に対応していますが、万が一重度のガンになってしまったときの
・長期入院
・莫大な手術費用
・最新の医療技術
・健康保険が効かない高額な医療
などに対応できる保障やサービスも用意しています。

莫大な手術費用、最新の医療技術と言えば「先進医療」ですね。
例えば
肝臓に出来たガン細胞の塊を、体を切らず、正常細胞に一切の悪影響無しに消し去ることが出来る「重粒子線治療」も「先進医療」になります。

先進医療は厚生労働省の認可があり、その効果は絶大な医療技術ですが、体を切らずにガン細胞を消し去ることが出来る重粒子線治療の一回の技術料は300万円以上が相場で、巨大な加速器を必要とすることから、日本国内でもその施術を行える施設が限られています。
また、一回300万円もする治療に健康保険を適用したら、健康保険が負担する金額が増えすぎて制度そのものが破綻するので、厚労省に認可された医療技術であるにもかかわらず、100%自費診療になります。

こういった治療も、最近のがん保険は先進医療費を出すための特約として対応するようになりました。
重いがんを治療するのに多額のお金が必要なとき、がん保険に加入しているのと加入していないのとでは心の負担が全く違います。

がん保険を生命保険ランキングで選んだり、生命保険会社のランキングを見てブランドというか保険会社を指定して選ぶ人もいますが、一番重要なのは、あなたに合っている保障があるかということと、今の時代に合った保障かということです。
生命保険会社のランキングなどを見る前に、必要な保障を知ることが大切です。

あなたのがん保険、古くないですか?

ガン治療の進化と共に各保険会社のがん保険商品も進化し続けています。
最近のがん保険は手術だけでは無く、薬物療法・放射線治療も含めた「三大療法」や、健康保険が効かず自由診療になる「先進医療」に対応しています。
また、重大ながんに罹患した場合の入院給付が無制限になるなど、10年前のがん保険では考えられなかった給付が基本保障に含まれるようになりました。

時代に合った保障内容ですか?

全てのがん保険は、時の経過で保障内容がどうしても古くなるので、見直しも考えた方がいいかもれません。
あなたのがん保険が10年以上前の物だったら、今のガン治療に合わない保障内容になっていないか、一度確認してみましょう。

 

見直しをするときに保険ランキングなどからがん保険を選ぶ人もいるようですが、保険のランキングはあくまで参考として考えるべきです。
保険ランキングで上位になっているがん保険が、あなたが希望する保障内容を叶えるとは限りませんし、支払続けられる保険料に出来るかどうかもわかりません。

もしあなたのがん保険が10年以上前の物でしたら、先進医療特約が付いていないかもしれません。
先進医療の保障は特約扱いになっていることが多いので、保険会社に問い合わせて月々100円前後の保険料で今から付加してもらえるかもしれません。

がん保険を比較しましょう

各社から様々ながん保険が販売されていますが、同じ名称の保障でも保険会社毎に全く違う給付(支払)方法であったり、保障範囲が違うことはよくあります。
一生涯を支えるがん保険なので、後で後悔しないように少々細かい内容も比較して把握しましょう。

保障内容の比較は必須です

がんと診断されたら(契約時に設定した)数十万円から数百万円が一括で支払われる診断一時金は、何年間隔で上限が何回まで支払われるでしょうか。
入院給付金は、お勤めの方なら日額給付金が低くても良いかもしれませんが、自営業やフリーランスなら高めの設定が望ましいでしょう。
先進医療の給付総額は2,000万円の会社が多くなりましたが、1,000万円の会社(保険商品)もあります。

手術給付金は、手術の種類によって倍数が細かく決められているか、または入院の手術と外来手術それぞれ一律の倍率かのどちらかに別れます。
また、例えば40倍の手術給付金でも保険会社によって手術の種類の範囲が異なります。
・A社:開腹手術だけが対象
・B社:開腹手術と腹腔鏡や胸腔鏡などの切らない手術も対象
このような違いがあり、A社で40倍給付をもらえる可能性はかなり低いことが窺えます。

これらはほんの一部ですが、がん保険の検討時に比較すべき項目は沢山あります。

複数社のがん保険の比較は難しい

仕事が忙しいのに沢山の保険から自分の考えに合ったがん保険を見つけるのは大変です。
さらに言えば、A社B社C社の手術給付金の保障範囲の違いを細かく把握したり、がん診断一時金の給付上限回数や支払間隔まで調べるのは無理があるでしょう。
ですが、たいして比較検討もしなかった終身がん保険に加入して、万が一ガンに罹患して保障内容の薄さを思い知って後悔するのも嫌ですよね。

がん保険を比較検討するのであれば、わかりやすいアドバイスが必要です。

そこで生命保険の見直しを何百回も手伝ってきた、保険の専門家に無料で相談するのがオススメです。
あなたの不安や希望を聞いて、あなたに合いそうな保険を無料で選んでくれます。
もちろん豊富な経験と知識に裏付けられたアドバイスは非常にわかりやすいので、保険情報を集める時間と労力が大幅に短縮できます。

もちろん、無料でアドバイスしてくれたから何か保険に加入しなければいけないという気遣いも不要です。
試しに一度、保険のプロに無料祖談してみましょう。